獄中小説『獄窓』第22話 「光」

獄中小説『獄窓』第22話 「光」

  • ダウンロード商品
    default
    ¥ 100

ー​獄窓 あらすじー 歌手を志して上京した新村陽色に待ち受けていたものは、ケンカ、クスリに明け暮れるアウトローな日々だった。歌手として食べていくという夢とは裏腹に陽色は覚せい剤(シャブ)の売人として荒稼ぎ、贅沢三昧な生活を送っていたのだった。 そして気付けば自らもシャブの魔力にどっぷりと漬かってしまう。 そんな陽色の唯一の支えは慧という愛する彼女の存在だった。 陽色は一刻も早くこんな荒れ果てた生活から足を洗い、慧と幸せな家庭を築こうと思っていた。 しかし、シャブの上客だった鎌田の代金踏み倒しの事件から、陽色は自らを制する事が不可能となっていた。 そして遂に鎌田の住むビルへ自ら乗り込んでしまうのであった・・・ この物語は、新村陽色自身の実際の経験を元に刑務所生活の中で、 人間が自分自身の過ちや自分の居場所、考え方、現実に真っ向から向き合い 葛藤する姿を描いた物語である。 ~第22話 「光」~ 名実共に工場のトップとなった陽色であったがそれを快く思わない連中もいた。 ある日工場の古株「コロスケ」の陰湿な密告により陽色は班長を降ろされ班を移動させられてしまった。コロスケの下に付く形になった陽色はコロスケにありとあらゆる嫌がらせを受ける。我慢の限界を迎えた時、事態は思わぬ方向へ向かうのであった。そして陽色の手元には一枚の紙が渡される。長い事待ちわびた、希望の一枚であった…。

ー​獄窓 あらすじー 歌手を志して上京した新村陽色に待ち受けていたものは、ケンカ、クスリに明け暮れるアウトローな日々だった。歌手として食べていくという夢とは裏腹に陽色は覚せい剤(シャブ)の売人として荒稼ぎ、贅沢三昧な生活を送っていたのだった。 そして気付けば自らもシャブの魔力にどっぷりと漬かってしまう。 そんな陽色の唯一の支えは慧という愛する彼女の存在だった。 陽色は一刻も早くこんな荒れ果てた生活から足を洗い、慧と幸せな家庭を築こうと思っていた。 しかし、シャブの上客だった鎌田の代金踏み倒しの事件から、陽色は自らを制する事が不可能となっていた。 そして遂に鎌田の住むビルへ自ら乗り込んでしまうのであった・・・ この物語は、新村陽色自身の実際の経験を元に刑務所生活の中で、 人間が自分自身の過ちや自分の居場所、考え方、現実に真っ向から向き合い 葛藤する姿を描いた物語である。 ~第22話 「光」~ 名実共に工場のトップとなった陽色であったがそれを快く思わない連中もいた。 ある日工場の古株「コロスケ」の陰湿な密告により陽色は班長を降ろされ班を移動させられてしまった。コロスケの下に付く形になった陽色はコロスケにありとあらゆる嫌がらせを受ける。我慢の限界を迎えた時、事態は思わぬ方向へ向かうのであった。そして陽色の手元には一枚の紙が渡される。長い事待ちわびた、希望の一枚であった…。
JVPショップ