獄中小説『獄窓』第21話 「器」

獄中小説『獄窓』第21話 「器」

  • ダウンロード商品
    default
    ¥ 100

ー​獄窓 あらすじー 歌手を志して上京した新村陽色に待ち受けていたものは、ケンカ、クスリに明け暮れるアウトローな日々だった。歌手として食べていくという夢とは裏腹に陽色は覚せい剤(シャブ)の売人として荒稼ぎ、贅沢三昧な生活を送っていたのだった。 そして気付けば自らもシャブの魔力にどっぷりと漬かってしまう。 そんな陽色の唯一の支えは慧という愛する彼女の存在だった。 陽色は一刻も早くこんな荒れ果てた生活から足を洗い、慧と幸せな家庭を築こうと思っていた。 しかし、シャブの上客だった鎌田の代金踏み倒しの事件から、陽色は自らを制する事が不可能となっていた。 そして遂に鎌田の住むビルへ自ら乗り込んでしまうのであった・・・ この物語は、新村陽色自身の実際の経験を元に刑務所生活の中で、 人間が自分自身の過ちや自分の居場所、考え方、現実に真っ向から向き合い 葛藤する姿を描いた物語である。 ~第21話 「器」~ 数々の困難と悲しみの現実を乗り越え、陽色は一歩一歩成長していた。どんな小さなことでも昨日より今日の方が出来ていればそれは成長と考えた陽色は様々なことに挑戦した。30回しか出来なかった腕立て伏せは200回できるようになり、職業訓練で国家資格を取り、通信教育でペン習字を習った。また日記を付けはじめどんなに小さなことでも記録して行った。人間的にも大きく成長した陽色は工場の班長に任命され、工場を仕切っていたボスからもトップの座を渡された。涙に明け暮れたあの日の自分はもういなかった。しかし工場では次々とトラブルが巻き起こる…。

ー​獄窓 あらすじー 歌手を志して上京した新村陽色に待ち受けていたものは、ケンカ、クスリに明け暮れるアウトローな日々だった。歌手として食べていくという夢とは裏腹に陽色は覚せい剤(シャブ)の売人として荒稼ぎ、贅沢三昧な生活を送っていたのだった。 そして気付けば自らもシャブの魔力にどっぷりと漬かってしまう。 そんな陽色の唯一の支えは慧という愛する彼女の存在だった。 陽色は一刻も早くこんな荒れ果てた生活から足を洗い、慧と幸せな家庭を築こうと思っていた。 しかし、シャブの上客だった鎌田の代金踏み倒しの事件から、陽色は自らを制する事が不可能となっていた。 そして遂に鎌田の住むビルへ自ら乗り込んでしまうのであった・・・ この物語は、新村陽色自身の実際の経験を元に刑務所生活の中で、 人間が自分自身の過ちや自分の居場所、考え方、現実に真っ向から向き合い 葛藤する姿を描いた物語である。 ~第21話 「器」~ 数々の困難と悲しみの現実を乗り越え、陽色は一歩一歩成長していた。どんな小さなことでも昨日より今日の方が出来ていればそれは成長と考えた陽色は様々なことに挑戦した。30回しか出来なかった腕立て伏せは200回できるようになり、職業訓練で国家資格を取り、通信教育でペン習字を習った。また日記を付けはじめどんなに小さなことでも記録して行った。人間的にも大きく成長した陽色は工場の班長に任命され、工場を仕切っていたボスからもトップの座を渡された。涙に明け暮れたあの日の自分はもういなかった。しかし工場では次々とトラブルが巻き起こる…。
JVPショップ